Not currently in use on the front end.

ファイル名:

ファイルサイズ:

1

ファイル名:

ファイルサイズ:

高峰 譲吉

Year: 1854-1922

富山県高岡市で生まれる。1879年に東京帝国大学を卒業。スコットランドのグラスゴー大学アンダーソンカレッジで大学院を卒業。1883年に日本に戻り、新しく設立された農商務省の化学部門に加わった。1890年,高峰は酒造業向けのタカジアスターゼの実用化を開発するために米国に招待された。ニュージャージー州クリフトンに研究所を設立し、そこで1901年に動物の内臓からホルモンのアドレナリンを分離して精製した。これは天然源から分離された最初の純粋なホルモンである。高嶺は残りの人生をアメリカで過ごしながらも、日本との緊密な関係を維持し、国の工業用染料、窒素固定、ベークライトの製造の開発を支援した。

出典: © Science History Institute, Williams Haynes Portrait Collection, Box 14. Science History Institute. Philadelphia
Added Date: 03/15/2021