Not currently in use on the front end.

ファイル名:

ファイルサイズ:

1

ファイル名:

ファイルサイズ:

ニューヨーク野球チームの日本訪問

Year: 1953-1955

1953年6月、ニューヨーク・ジャイアンツのホーナス・ストーンハム代表は、日本でのエキシビジョンゲームへの招待を受け、 承諾した。彼らを招待したのは読売新聞の安田庄司社長であった。メジャーリーグチームが日本での試合への招待を受け入れたのは初めてのことであった。2週間後、メジャーリーグのオーナーたちがシンシナティにてジャイアンツの訪日を承認し、この訪日が他のアメリカの野球チームが続々と日本を訪れるきっかけとなった。1955年にニューヨーク・ヤンキース、1956年にはドジャーズが続き、1980年代までにはカージナルス、ジャイアンツ、タイガーズ、オリオールズ、メッツ、レッズ、ロイヤルズが日本を訪れた。 1.baseballhall.orgより,1953年のツアーのために日本に到着したニューヨークジャイアンツ。PASTIME(アメリカ野球殿堂博物館) 2.baseballhall.orgより,ニューヨークジャイアンツは、巡業ツアーの一環として太平洋を横断した最初のメジャーリーグチームであった。 3.baseballhall.orgより、ニューヨークジャイアンツのマネージャーであるレオドローチャーは、1953年の日本ツアーから戻った後、日本人は「素晴らしい野球をする」と言った。PASTIME(アメリカ野球殿堂博物館) 4.baseballhall.orgより、「1955年の日本ツアーでのニューヨークヤンキース ミッキー・マントル(左下)、ドン・ラーセン(左上)、ムース・スコーロン(右上)、ギル・マクドゥーガルド(右下)。」PASTIME(アメリカ野球殿堂博物館)

出典: Baseballhall.org; PASTIME(アメリカ野球殿堂博物館)
Added Date: 03/15/2021